初心者でもわかるソーシャルレンディングの仕組み

ソーシャルレンディングとは、簡単に言えば、お金を借りたい企業と、お金を貸したい投資家をマッチングさせるサービスです。これまでは、お金を借りたい企業は銀行などで借りるしかありませんでしたが、インターネットの普及によって、お金を貸して利益を得たい投資家からもお金を集められるようになりました。ソーシャルレンディングには「マーケット型」や「オークション型」などもありますが、日本では「貸付型・ファンド型」が一般的です。すなわち、サービス会社が投資家から資金を集めて、「ローンファンド」をつくり、お金を借りたいという企業を審査して、金利や貸付金額などの条件もサービス会社が決定し、「ローンファンド」から融資を行うというサービス形態となっています。この記事では、初心者向けに仕組みを解説します。

利益を得られる仕組みはどうなっている?

企業が銀行から融資を受ける場合なら、利息が利益となります。例えば、1000万円を金利5.0%で借りたなら、1年あたりで50万円の利息がかかるので、それが利益となります。実際には毎月返済をして元本を減らしていくので、計算はもっと複雑になります。ソーシャルレンディングでも、基本的な考え方は同じです。しかし、間にサービス会社をはさんでいるので、得られる利益はいくらか減少してしまうでしょう。同じ例で考えると、企業は1000万円を金利5.0%で借りて、毎月約定された元本と利息を返済していきます。利息がまるまる投資家の利益となるのではなく、利息から所定の手数料を引かれた金額が投資家の利益となります。このように、利息で利益を得るという仕組みになっているので、大きく稼げるわけではありませんが、定期預金などよりもはるかに高い利益が得られる可能性があります。

なぜ高利回りになっているの?リスクもある?

これまでは企業への融資は銀行がほぼ独占してきましたが、ソーシャルレンディングというサービスが登場したことで、企業の選択肢は増えたと言えます。お金を借りたいという企業と、お金を貸したいという投資家の両方のニーズを満たすサービスです。しかし、高い金利でお金を貸すことができることは魅力ですが、リスクもあります。それは、元本保証がないということです。お金を貸している企業が倒産をしてしまうと、最悪のケースでは借金をすべて踏み倒されてしまいます。しかし、その貸し倒れリスクは投資家が負っています。また、投資家は貸し出し先の企業を知ることができないので、どの程度のリスクを負っているかがわからないというリスクもあります。5%~6%程度の高い金利で資金運用ができることは魅力的ですが、リスクについても十分に理解をしておくことが大切です。

口座開設時の費用は一切かからず初めての方でも安心。 短期間での資産運用もはじめることができてとっても便利。 みんなのクレジットでは案件の成約が成立した場合の手数料もかかりません。 ソーシャルトレーディングをお考えの方はお気軽にお問い合わせください。 みんなのクレジットではさまざまな投資対象案件をご用意しております。 投資口座開設から投資まではらくらくたったの4ステップ。 ソーシャルレンディングの仕組みを詳しくチェック!